浸透テクノロジーで若返る サイエンスコスメb.glen

2016年09月21日

ビーグレン 1.9


シミやシワニキビ痕にも効果があるというハイドロキノン、実は気になっていて使ってみたかったんですよね。

とはいえ、カネボウの白斑の事件以来、美白化粧品にちょっと抵抗が。。。

以前のビーグレンは、その美白効果を漂白と表現していたこともあったようで、安全性に問題ないの?
本当に大丈夫なの?と不安になってハイドロキノン1.9%について調べてみました。


その結果、濃度が1〜3%程度は肌にとって低刺激で安全。
でも、濃度が薄いので即効性は見込めないという欠点がある事もわかってしまいました。

と思ったところ、その欠点を、ビーグレンの化粧品は、特殊技術キューソームで解決しているよう。
キューソームは、毛穴から浸透していく小さなカプセルのことです。。

カプセルの中に有効成分を封じ込めて、薄い濃度でも毛穴から入り込んで、肌の奥のシミまで成分を届けることができるそうです。

なので、ビーグレンはハイドロキノン濃度が低くてもしっかり効果が出るとの事。
まぁ、私のようなものが調べて分かるぐらいのことは解決済みってことですね。

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

posted by ビーグレン at 14:25| ビーグレン 1.9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

ビーグレン クリーム


ビーグレン クリームについてですが、説明書では1〜2プッシュと書かれているのですが、
シミケアを重点的に行いたい方は3プッシュで2週間〜1カ月くらい使ってみるのが良いと思います。

小さなシミやできたばかりのシミの場合、クリームを使い始めてすぐに変化が感じられるので、
「少し薄くなった気がする」と感じたら2プッシュに戻すという使い方がベストだと思います。

そしてクリームの使い方についても、説明書には「額・あご・両頬・鼻の5点に置きます」とありますが、
私の場合、シミの部分に直接置いてます。
そして残ったクリームは手のひらで伸ばして温めて、そのままハンドプレスをします。
こうすることで直接クリームを置いたシミの部分は少し多めに、顔全体には満遍なく行き渡ります。

これは私の方法ですので、お勧めはしませんが、公式の使い方でも肌に置いた部分が
クリームの恩恵を一番に受ける。とありますので、シミの上に置いてから伸ばしても問題ないと思っています。

出来てしまったシミを薄くするb.glen

posted by ビーグレン at 16:02| ビーグレン クリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

ビーグレン ほうれい線 ブログ


ビーグレンがほうれい線に効果があるかどうか知りたくて、ほうれい線に関するブログを探してみました。

「たるみ」とリンパ管の老化に着目した新時代コスメ。
シワ・たるみ対策で最も大事なコラーゲンを増やすケアはしっかり抑えつつ、たるみに対する新しいアプローチを取り入れています。

ということはビーグレンの浸透力のすごさはまさに医薬品レベル!?

確実にハリ・弾力がアップ、すっきりした顔つきになり、肌の手ざわりが変わって、くすみが取れて明るくなります。
まさにしっかり手応えのあるたるみとりコスメです。

というコメントも。

トライアルセットは、手も出しやすい値段なんですが、このまま使ったら顔がリフトアップして、
頬のたるみもほうれい線も改善するかもって思っても、現品はそれなりにお高いので、やっぱりためらう…。
どうしよう… 5点揃えると高いから、どれやめようかな… 。
1週間は良かったけど、もし現品買って合わなかったなんてことがあったら、どうしよう… 。

とか。


でもせっかく「ほうれい線に効果あるかもっ!」というコスメを、
トライアルセットを使ってせっかく見つけたのに、使い続けないなんてもったいないですよね。


ビーグレンには『初回限定セット』というシステムがあって、
トライアルセットを購入した人にだけメールで案内がきます。
トライアルセットを購入してから1か月だけ、ほぼ半額で現品セットが購入できるんです。


効果を考えても、ほかに試してみたコスメとくらべても、コスパ抜群ですね。

浸透テクノロジーで若返る サイエンスコスメb.glen

posted by ビーグレン at 18:06| ビーグレン ほうれい線 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。